2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽しかったかなぁ?

日曜日の我が家

いつもの光景です(^^)


2012年10月21日№1


ナナパパを追いかけてソワソワしたり

特にトワは、甘え泣きをしたり・・・

休日限定の賑やかさです♪

最近の平日は、寝ていて仕事に行く時もチラ見程度なんですよ


ナナも大好きな影遊びをしたり痛みに対しての怖さも無く成ったようなので

久しぶりにレイクウッドへ行ってきました。

朝早めに行ってワンちゃんの少ないうちに遊ぶ事にしました♪

最初は、貸し切りに近い状態だったので、いつも通り

ナナは、散策開始




2012年10月21日№8



家と車内でパワー全開のトワは、寛いでいます



2012年10月21日№3



ココロは、大好きなランランラン♪



2012年10月21日№4



ムクも抱っこなんて言いませんよ(笑)



2012年10月21日№5



時間と共にワンちゃんも増えたので、みんなで小さなスペースに移動



2012年10月21日№6



みんなが塀の外を気にしているのでココロ&ムクを大きなランへ



2012年10月21日№7



折角大きな方に出たのに・・・

今度は、小さなスペースが気に成る様子

人やワンちゃんが増えたら居たたまれないムク



2012年10月21日№12



小さなスペースに撤収です



2012年10月21日№13



それでは、ムクと交代に出陣したのは、勿論トワ



2012年10月21日№10



クンクン仲良し

しか~し大きなワンちゃんに向かっていくトワ

近くで、ココロも応援



2012年10月21日№9



何よりビックリしたのは、大きなワンちゃんだよね(><)

いきなりチビが偉そうに来るんですから・・・

いつもは、怖がりなトワだけど、この日は、長男として

家族を守ったつもりなのかなぁ~



2012年10月21日№11



そして混む前にランチで~す。

小さなランにも出られ自由に出来るスペースで私達も寛げました



2012年10月21日№15



2012年10月21日№16




ナナは、もっと遊びたかったかなぁ?




2012年10月21日№2







お決まりの家族写真

トワが、いつもより勇敢に見えるのは、私だけかなぁ(笑)









2012年10月21日№14
スポンサーサイト

| ドックラン&カフェ | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安心と緊張・・・

ナナと一緒に久々のお散歩だった日

一番ホッと出来たのは、ムクかなぁ~




2012年10月8日№2




安心顔に成りました♪

ナナが居ないとこんな顔




2012年10月8日№1





緊張です(笑)

ナナ・・・この子の為にも元気でいようね






2012年10月8日№3

| ナナの様子 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナナ不調(最後に)

8日(月曜日休日)

    ナナも一緒にみんなでお散歩

    短い距離だったけどみんな気分転換が出来たかなぁ

    やっとナナに笑顔が戻りました




2012年10月8日№1




    ソファーに軽く乗り私の足を枕に寛ぐように成りました

    私の傍から離れなかったナナで無く、自分の好きな場所で昼寝を楽しんでいます

    体調が悪い時は、甘えん坊タイムも無かったけど、

    抱っこをせがみ私に甘えるナナ

    いつものナナに戻りました




2012年10月8日№2





ブログには、楽しい事を書きたいと思っていたので、

具合が悪い事を記録する事詳しく書く事に抵抗があったけど

これから、年を重ねる度に色々な事があると思う

曖昧な記憶で無く記録しておく方が良いのかなぁと思って残す事にしました

生きていれば、楽しい事ばかりじゃないけど

そのお陰で、感謝できる事が増えるような気がする。

ナナが初めて入院した時は、ナナネェが泣いていたけど

今回は、私が泣いてばかりで・・・

7年でしっかり成長した娘がそこにいた。。。



| ナナの様子 | 19:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナナ不調(№3)

10月1日(月曜日)夕方

    ナナ退院    

    先生からの説明を明確に記載出来ない(私が冷静で無かったから・・・)が、

    簡単に入ったと言う事は、逆もあり・・・

    (ナナネェが幼い頃、良く肘が外れ直ぐに入った・・・同じような事?)


    覚書として・・・

      今後検査の為に肘の関節液や肘を手術する事もあるかも。。。

      肘の骨の形成が小さめ?異常という程でもないが。。。

   
    ナナは、お迎えに行った私にしがみ付いて喜んでいた

                
    部屋に入ると、勿論チビ達が飛び跳ねて喜んでいるが、「静かに・・」と言って

    ナナをサークルへ・・・

    チビ達は、サークルの周りから、鼻を押し入れナナをクンクン

    みんな心配だったのだと実感した。


夜       

    先生の指示通り痛みどめを服用させる

    ヨーグルトに錠剤を混ぜたが、錠剤だけ残っていた

    「ナナ~薬飲まなくちゃ・・・」と口の中に入れたら飲んだ

    様子を見ながら、サークルを開放

    ナナも不安な様で、チビ達から離れている

    右前足も着いて歩いているが、不安そう

就寝時               

    いつもは、みんなで寝ているが、不安なのでナナは、サークルで寝かせる


10月2日(火曜日)  

    食欲旺盛   みんなと一緒に食べる

    朝の外でトイレをするが、直ぐに家に入る

昼ごろ

    痛みがあるのか、サークルでハァハァしていたので

    病院にTELして1日1回の痛みどめを2回服用させて良いか確認

    1日1回との事   

    静かに様子を見ていたら少しづつ落ち着いてきた


就寝時 

    この日も夜は、目が届かないのでサークルに入るように言っても入らない・・・

    ナナもみんなと何時ものように寝るのは、不安な様で私達の頭の方にナナのハウスを置いた

    この中にナナが居る時は、チビ達も入らないのでナナも安心したのか数日間は、ハウスで寝ていた


3日~5日  

    不安そうではあるが、少しづつ落ち着いてきている

5日夕方 (金曜日) 

    薬も無く成るので病院へ

    良く成ってきたら内服もやめた方が良いと言う事だが、心配なので処方して頂く

    痛みどめ服用せず・・・

    (今後、同じ様な事があっても治療法が分かっているから対処はが早く出来る・・・

     しかし、痛みを伴うので治療も痛みどめの注射をして行う事になる。。。

     主治医の先生がナナの事を解ってくれている事は、安心だけど

     診察時間外に痛くなる事が多い気がする。。。

     そんな時は、本当に、本当に申し訳ないけど、携帯に電話させて頂く事にしよう。。。)


    夜もハウスから出て、いつものように、みんなで寝るように成った。

6日(土曜日)朝

    私が仕事に行く時間に成ると「ハァハァ」しているので

    半分痛みどめを服用させサークルを閉めて出掛ける

    ナナネェを送ってナナパパが帰宅した時には、ナナ落ち着いていたので

    サークルを開放

    やっと、ナナの足取りが普段どうりに成った気がする

    顔の表情にも穏やかさが戻る

    ナナは一人でいたが、ムクが隣で寝ていた

    今までは、いつもの光景だったけど、胸が熱くなった・・・



2012年10月7日№1

| ナナの様子 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナナ不調(№2)

9月30日(日曜日) 朝5時頃

    ナナは、自分のトイレに行きその後私の隣で寝る

    寝たのも束の間

    6時半みんなが起きる時間

    傍で寝ているナナを見て安堵しナナの背中をさすったら

    ナナも起き上がろうとした瞬間「キャー」と悲鳴を上げ

    ナナパパの布団の足元までまるで転げこむように行った

    1メートルもない

    その布団の上で「キャーキャー」叫びながら転げまわっている

    何と表現して良いのか解らないけど、誰かがこんなに痛がる様子を見た事は無い

    チビ達も直ぐにナナに駆け寄るが「ダメ」と言ったら少し下がって

    みんなお座りして見守るしか出来ない

    私達ですら抱き上げる事も出来ず無力で・・・

    ただただ、涙だけが溢れる

    痛みのあまり全身に力が入っていたのか失禁

    時間は、数分だったかもしれないけど長く感じた

    ナナは、自力でハウスの中に入った

    ほっとしたのも束の間、心配のあまりトワがハウスの中に頭を入れた

    ナナは、ハウスから飛び出し叫んでいる

    今度は、私が抱きあげられる状態だったので直ぐに抱き上げた

    
    この時、ナナの痛みの原因が右の前足にある事を確信

    勿論、病院にTELしても留守電
 
    私が抱っこしている間、ナナは、少し落ち着いた

    とりあえず、チビ達をトイレに外に出しご飯も食べさせなくてはいけない

    ナナネェも起こし自分たちの身支度も整えなくては・・・

    しかし、泣きながら「大丈夫だよ」とナナに言っている私

    ナナネェに「お母さんがパニックってどうするの!」と渇が入った

    ナナをサークルに入れるが、ベッドが邪魔になり動こうとすると悲鳴を上げる




2012年9月30日№1



    動かなければ、激痛は、走らないようだが私達の傍に来ようとする

    何度かTELを繰り返していたら8時に電話が繋がった・・・

    先生に事情を話すと10分後に来るようにと・・・

8時10分病院到着

    先生が待っていて下さった

    そこで、ナナを立たせてみると右前足を上げて数歩だが、歩いた・・・

    泣いたりはしない。。。

    診察台にのせ先生が触ると右の肩を痛がる

    肩がはずれると、大変な事だと先生がつぶやいた・・・

    そのままレントゲン室へ

    ナナの痛そうな声が聞こえた

    直ぐにレントゲンの結果が出た

    「骨折も脱臼もしていない」と・・・

    ただ、詳しくレントゲンを撮るには痛みどめを注射しないと撮れないと言う事で

    そのまま入院となった。

    月曜日、病院がやすみなので火曜日まで入院予定

    しかし、ナナの事が心配なので・・・

    先生が、携帯番号を教えて下さった。。。

    日曜日は、午前中診察があるが混んでいるので電話するのも気が引ける

    今は、先生を信じるしか出来ない

    だけど、夕方1度電話する事にしてた。

    夜、寝られなかったのでソファーでウトウトするが、耳元でナナの叫び声が聞こえ

    目が覚めてしまう。。。


    何も手に着かずチビ達と散歩に行った

    いつも、ナナと一緒に歩いているムクは、どうしていいか解らないようだ

    ココロと一緒に歩かせてもしっくりしない。

    そして、今後、年を重ねる我が子の事でナナパパとも改めて話をした。

    ずっと先だと考える事から逃げていた事にも話合わなければいけなく成って来る。

    悲しいけど、悲しいけどあの痛がり方を目の当たりにした今、

    現実としっかり向き合わなけれいけないと実感させられた。

   
9月30日PM5時

    先生から電話を頂く

    痛みどめを使って詳しくレントゲンを撮る時、右の肘がパキンと入ったと・・・   

    それからは、痛がる様子もなく落ち着いているので月曜日の夕方お迎えに来ても良いとの事

    とりあえず、良かった。。。

| ナナの様子 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナナの不調(№1)

9月下旬

   ナナがサークルでフードを食べたがるように成った

   食欲は旺盛だが、おやつタイムには、参加しない

   
9月27日(木曜日)

   夕方、ナナネェの迎えまで時間があったので4ワン一緒に散歩へ

   庭でトイレを済ませリードを付けて出掛けようとした時

   ナナが「キャン」と泣いた

   4ワンが私の足にまとわり付いて来ると足を踏んだり蹴ってしまったり

   する事があるけど、この時は、足にぶつかる程度で何故?と思った
    
   しかしナナも普通に歩きジャンプもしていたので30分位の散歩を続行

   
   フードは、変わらずサークルで食べているが完食  

   夜、私がPCをしているとテーブルの下にいる

   ムクは良くいるけどナナが居るのは、珍しいので記憶にある


9月28日(金曜日)

    朝も外でみんなでトイレタイム

    玄関の段差を下りようとしない
     
      (しかし、この事は時々ある事だ)

    トイレを済ませると部屋に入りたがるのでナナだけ先に入れる 

    
    部屋で走り回るトワにチョットぶつかっただけなのに

    ナナがキャンと泣く

    トワ&ムクはナナに「遊ぼうよ」と背中に手をかける事は、良くある。

    勿論、怒る事も嫌がる事も泣く事なんか無い  


    お昼、仕事から帰えると普段だったらみんなでお出迎え

    しかしチビ達の興奮状態が怖いのかナナは、サークルの中で私を待っていた

    私が、昼食を食べている時は、みんな寝ているのが普通

    そんな時ムクは、傍に来るけど、この日はナナが傍でウロウロ

    夕食の支度をしていても私の傍から離れない

    明らかに普通と違う事に違和感を感じた。

    しかし、何処が具合が悪いのか断定出来ない


    それでも、どこか痛いのだと思い病院へ連れて行こうかナナパパと話す

    しかし、先生もただ調子が悪そうと言われても困ってしまうだろう。。。


9月29日(土曜日)
    
    午前中様子を見るが、はっきりしない

    ただ、普段と違う事が気に成り午後病院へ行く
    
 
    私達の思い当たる事として

    歯が抜けるので痛いのか?

    普通に歩くけど右の前足を上げている事がある

     その2点を先生に話した

    
    歯の方は、炎症が無いので痛みを伴うとは思えない・・・

    前足も触診しても痛がる様子もない。。。

    それでも、何処かが痛そうと言う訴えで抗生剤と痛み止めを貰って帰宅



    フードは完食し薬も飲んだけどナナは、PCテーブルの下で座ってハァハァしている

    深夜に成ってもナナは寝ない

    そんな時、ナナパパが脳腫瘍かなぁ~なんて言った事が頭の中をグルグルめぐり

    何もしてあげられなくて涙が止まらなくなってしまった私

    ナナを抱きかかえて泣くばかり

    ナナはハァハァしながら私を心配そうに見ているので、

    私が寝れば傍に来るかなぁ~と思い布団に入るとムクが涙をぬぐいに来た

    3時を回っていた…

| ナナの様子 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナナの様子(不調の初めに)

いつ頃からだったか、ナナは、年に数回体調の悪そうな時がある

その感じは、ヒートの時のようだった

避妊手術をしても出産を経験しているナナには、

そんな症状が出るのかなぁ~と思う程度で

大事に至る事は無かった・・・

調子の悪い時には、ナナは、自分でサークルやハウスに入り

自己管理をしているようで自然に回復していた





2012年9月29日№1




4ワンいる生活の中で、毎日メディカルチェックをする事は出来ないけど

調子が悪い子は、直ぐに解る・・・


それは、いつもと違うから。。。

何気ない生活がいつもの習慣だから小さな変化でも気づく


9月中旬、いつもは、台所でみんな並んでフードを食べるのに

ナナは、サークルで一人で食べたがる

数日、サークル内で食べていたらフードボウルの中に歯があった

歯が抜けそうだったので一人でゆっくり食べたかったのか・・・

その後は、みんなでいつも通りに食べていた。


フードの食べ方もいつも・・・がある。

早食いなのは、トワ&ココロ

この2ワンは、自分のご飯が無く成ると何のためらいもなく

ナナのフードボウルに顔を入れる

するとナナは平気でフードをあげてしまう

トワ&ココロは、一番遅いムクのフードボウルに

顔を入れる事は決してない

必ず、ムクが離れるまで、後ろで待っている

しかし、そんなムクのフードボウルに顔を平気で入れて行くのは

ナナ・・・

不思議だけど、これがいつものパターン

このいつもが大切な事なのだと思う

記憶って曖昧に成る事が多いので

いつもの事といつもと違う事を記録しておく事にしようと思った。。。

| ナナの様子 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トリミング

4ワンを車に乗せて一人で出掛けるのは、初めてと言う事に

気づく事無く、無事着けるかなぁ~と言う不安を

何とかなるかぁ!と打ち消し出発

ナナパパと一緒にお出かけする時は、キャリーバッグから脱走したり

何処行くの~ってウキウキしていて賑やかな車内


しか~し、この日は、私一人と言う事に不安を感じたのか・・・

みんな静か過ぎ・・・!!


行きも帰りもみんなキャリーバッグの中でお座りしてた(笑)

やれば出来る子達です。。。









2012年9月24日№1

| トリミング&シャンプー | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。